Brillia THE TOWER TOKYO YAESU AVENUE ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー プレミアムサイト

TOP>コンセプト

Concept コンセプト

東京。[Tokyo]

日本に於ける首都東京。その名を冠する「東京駅」。
かつて江戸城を中心に政治・経済・文化を担い、粋や伝統を磨き抜いてきたこの界隈が、再び躍進の時を迎える。
2020年を視野に動き出した未来。国際戦略総合特区としてのビジョン。
そして「東京駅」より広がる八重洲、日本橋、京橋エリアでは、既に大規模な再開発事業が次々と進行されている。
[Brillia THE TOWER 東京八重洲アベニュー]。
世界から注目を浴びる「東京駅」を徒歩圏に収め、首都居住の次なる未来を展望する住まいがいま描かれようとしている。

※1993年以降発売の民間分譲マンションにおいて、東京駅1.5km圏内で初めての免震タワーマンションとなります。(2014年9月時点(有)MRC調べ)

東京駅丸の内口(現地より約1,830m)

革新。[innovation]

誕生より一世紀超。皇居のまさに正面となる場所で
明治・大正・昭和の激動を見つめ、発展の中心を担ってきた「東京」駅。
この地が再び、次の時代へ向けて躍動し始めている。

東京駅八重洲口 グランルーフ(現地より約1,270m)

矜恃。[self-confidence]

1590年、徳川家康公の入城を機に天下人の居城として雄姿を示した江戸城。
それから400余年、今なおその威風は変わることなく
積み重ねられてきた歴史の証左として首都東京に佇み続けている。

二重橋(現地より約2,730m)

展望。[vista]

かつて新川界隈は江戸における水運の要衝であり、100万人もの人口を誇った江戸の経済を支えた。
大川と呼ばれた隅田川のほとりには風光明媚な風景が広がり、人々が憩う場となった。
永い時を経た今も感じられる自然と暮らしとの融和。そしていま新たな未来への展望が開かれる。

隅田川(現地より約400m)

洗練。[refinement]

風光明媚な風景に親しみ、粋を重んじた江戸の人々。
文明開化によって流入してきた西洋の文化を積極的に受け入れた歴史は
街の感性を磨き、自由で洗練された風土の礎となった。

銀座(現地より約1,760m)

※上記の内容は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しており、実際とは異なる場合があります。